元気塾Blog

改正虐待防止法、4月から施行

体罰

お尻ペンペンは禁止です

しつけと称する体罰は禁止!

いよいよ今年の4月から体罰禁止の法律が施行。
改正虐待防止法です。

昨年から具体的な指針案が発表されていて
その中には、

  • 3回、口で注意したが言うことを聞かなかったので頬を叩く
  • 他人のものを盗んだので罰としてお尻を叩く
  • 宿題をしなかったので夕食を与えない

など【体罰】にあたる具体例が上げられています。

しかし、これに対して、
世の親から批判が殺到しています。

しつけに体罰は必要なのか

悪いことを教えるのに
ある程度の痛みは必要だ、
という考え方です。

日本では長い間、
「わがままで甘ったれたガキは
鉄拳制裁で厚生させる」
という教育論が広く支持されてきました。

いわゆるスパルタ教育ですね。

あなたはどう思いますか?
愛ある体罰をどう考えますか?

虐待による子供の死亡という事件

しかし、残念ながら行き過ぎた体罰=虐待による
乳幼児・小児の死亡という痛ましい事件が
次々と起きてしまいました。

そして、
これは日本だけの問題ではありませんでした

実にフランスも85%以上の親が体罰を行っています。

しつけと教育のため、
これまで、体罰は広く容認されてきた国です。

しかし児童虐待が深刻化し
1週間に1人から2人の子供が
虐待で命を落としているという現実に、
とうとう昨年の7月
フランスも体罰禁止の法律を可決させました。

世界では55番めだそうです。

世界で58カ国が体罰禁止を法律に

そう、今、世界の58カ国が
親による児童への体罰を
全面禁止するとの法律を作っています。

その最初の国がスウェーデンでした。

体罰スウェーデン

スウェーデンは1979年に体罰を禁止してから
体罰を経験する親の数は
以下のように減りました。

  • 1960年代94%
  • 1990年20%
  • 2006年12%

2007年に体罰禁止を出した
ニュージーランドでも
必要があれば子供を叩くことを
容認する割合が、
2008年62%から
2013年35%まで減りました

世界は今、本当に少しずつ、
変化しているのだと感じます。

子供だけでなく、
弱いもの、マイノリティーの人たち、ハンデーのある人たち
どんな人も等しく人権があり、
守られるべき命であること、
それが21世紀の常識になってゆく、

折しもパワハラ防止法も決まり、
今年6月施行ですね。

そう思うと、いろいろあっても確実に、
時代は良い方へ成長しているんじゃないか

私は、そんな気がしています。

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。