元気塾Blog

アメリカ1500世帯が料金払えず水道ストップ

貧富の差

アメリカの貧困率世界6位

コロナの死者数、アメリカがトップ、
最初は、ちょっと不思議な気がしました。

しかし、貧困率が世界6位と聞いて、納得しました。

  • 1位南アフリカ、26.6%
  • 2位コスタリカ、20.4%
  • 3位ブラジル、20%
  • 4位イスラエル、17.9%
  • 5位ルーマニア、17.9%
  • 6位アメリカ、17.8%

となっています。

私達の世代では、いつまでも
強いアメリカ、豊かなアメリカというイメージが拭えないのですが、

今やアメリカで暮らす貧困層には
水道すら止められている世帯が1500万世帯もあるそうです。

水がないと手も洗えない、トイレも・・・・

欧州では市民の水道を停止することは違反ですが、
アメリカでは料金未払いの世帯は水道すら、止められてしまいます。

水道が止められた家では、手洗い飲水や手洗いどころか、
トイレも使えず、
汚物をゴミ箱に捨てるしかない、
という状況が起きているそうです。

コロナの死者は黒人が多い?

今回のコロナ騒動でアメリカでの死者は
圧倒的に黒人が多いことが統計から明らかになりました。

シカゴでは人口に占める黒人の割合は30%ですが、

新型コロナによる死者のうち
黒人が占める割合は70%を超えます。

黒人住民の比率が多い
デトロイトやミルウォーキー、ニューオリンズ、またニューヨークでも
急激な感染拡大が起きています。

先住民のナヴァホ・ネーションにある
3割の世帯に上下水道が供給されていない、
手を洗うこと自体かなわない人が、たくさんいるのです。

経済格差、世界に広がる

アメリカだけではなく、世界的に見ても
人種間の経済格差が感染に大きな影響を与えています。

なぜ、ここまで貧富の差が
激しくなっているのでしょうか。

今年の1月20日、
国際的非営利組織のオックスファムが
世界経済フォーラムの年次総会に合わせて発表した報告です。

世界の富裕層の上位2100人の資産が
総人口の6割にあたる
46億人分の資産を上回る

2018年時点では、
世界の上位26人が世界の半分の38億人と
同じ額の資産を保有と発表していました、

この約38億人の資産合計は
対前年比で11%減少
富裕層の1900人の資産合計は
12%増加している

つまり、格差は
1段と拡大しているとしています。

日本も貧困率が15.7%
15位です。
先進国の中では
アメリカについで、2位

世界第3位の経済大国であるはずの日本が
最悪と言ってもいいレベルです。

地震などの天災でも、今回のような感染災害でも、
苦しいのは常に弱者です。

すべての人が海へ突き落とされたけど、
大きな酸素ボンベを持っている人か、
何も持たない人か、
もしくは呼吸器にもともと持病がある人か、

その違いで、
苦しみは桁違いだと言った人がいます。

ピンチをチャンスに変える

しかし、こういう問題を
自分ごととして捉えるチャンスをもらった、

そう思うと、

水もある、
手も洗える、
トイレもある、
食べ物もある、
安心して眠れる家がある、

まだまだ私にはできることがあるはずだ、
そう思います。

すると少し元気が湧いてきます。

あなたはどうですか?

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。