元気塾Blog

消えてゆく、現代の「悪場所」

タバコ

改正健康増進法4月1日施行

ついに居酒屋から灰皿が消えました。

改正健康増進法が4月1日施行
これは、受動喫煙を防止するための法律です。

昨年7月より、学校、病院、児童福祉施設など
一部の施設で原則、敷地内禁煙が進められていました。
それが4月1日より全面施行されました。

 

学生のころ通った京都のシアンクレール
今はもうありませんが、荒神口にあった老舗のジャズ喫茶です。

丸太町にあったYAMATOYAさん、
これも老舗ですね~
なんと、まだ今もあるそうです。
やまとや

いつ行っても、
煙でモウモウでした。

タバコと珈琲と、ジャズ

それは私の学生時代、無くてはならないアイテムでした。

もちろん、夜になると珈琲がバーボンに変わったりもしましたが。
パチンコも当時、大好きでした。
(なんちゅう学生や!)

ここもタバコでモウモウ。

それが今、無くなる・・・

正直なところ、なんだか、ちょっと変な感じです。

そう言えばパチンコのお客さんって
喫煙率が50%以上なのだそうです。

2018年の調べでは全国の喫煙率は17.9%。

なので、パチンコ店の喫煙率はものすごく高いというわけ。
一応、店内は禁煙で喫煙室設置ということになるみたいです。

でも、パチンコって
打ちながらタバコ吸っていたわけで、

いちいち喫煙室へ行かないと吸えない、という状態になったら、
愛煙家のお客様はそれをどう受け止めるのか、

疑問です。

そこまでしてパチンコ行く?

もちろん法律で決まったわけだから
従わざるを得ないだろうけど。

ただ、非喫煙家でパチンコは好き
というお客さんが逆に増えるかも、という予測もあるそうです。

そう言えば、

健康麻雀ってご存知ですか?

一言でいうと、
「飲まない、吸わない、賭けない」麻雀です。

お酒、タバコ、金銭と無関係で
純粋にゲームの楽しさを味わって欲しいと、

全国で老人ホームやデイサービスなど
普及活動が行われているそうです。

確かにゲームとしての面白さ、
そして認知症予防に、これは良さそうですよね。

こんなふうに
すべてがクリーンになってゆく、
もちろんそれは良いことでしょうが、

何ごともバランス

江戸時代の遊郭や芝居町、
定住者から見ると
忌避し、しかし同時に
憧憬の対象でもあったという、悪場所。
参考文献:『悪場所の発想』広末保著

現代の悪場所だった

ジャズ喫茶、居酒屋、パチンコ店、雀荘、

この悪場所の存在価値は
どこにあったのか、失ってから始めて気づくのでしょうか。

 

今回のコロナの影響で
居酒屋さんもレストランも大打撃の中、

今月からの灰皿撤去は
追い打ちだ、と嘆く店主も多いようです。

 

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

    • Cosmo
    • 2020年 7月 27日

    人にはスリルある狩猟場が必要なのだと思います。それで心が、時間が回ってゆく。

      • Fukutani
      • 2020年 7月 27日

      コメントありがとうございます!
      スリルある狩猟場、それは非日常という意味も、ありますか? 

    • Cosmo
    • 2020年 7月 27日

    マタギ文化終焉のお話もありましたが、ついこの間まで狩猟は日常でした。経営者はスリル隣合わせですがサラリーマン従業員は分離されているかもしれません。高度な経営スリルをこなせない人は安易なスリルで本能的な欲求を満たすこともあるのだろうと思います。
     密空間で喫煙を辞めると、空気感染リスク高まります。タバコに代わるお香、アロマなど求められると思います。

      • Fukutani
      • 2020年 7月 27日

      マタギの記事も読んでいただけたのですね、嬉しいです。
      狩猟は日常、だったのですね?

      私はたまたま、かつての相棒が狩猟する人だったので、
      なじみがありました。
      でも、そうでなければ、このマタギの記事にもアンテナが立たなかったと思います。

      是非、他の記事にもコメントいただけると励みになります。
      今後ともよろしくお願いします(*^^*)

    • Cosmo1
    • 2020年 7月 27日

     マタギ文化終焉のお話もありましたが、ついこの間まで狩猟は日常でした。経営者はスリル隣合わせですがサラリーマン従業員は分離されているかもしれません。高度な経営スリルをこなせない人は安易なスリルで本能的な欲求を満たすこともあるのだろうと思います。
     密空間で喫煙を辞めると、空気感染リスク高まります。タバコに代わるお香、アロマなど求められると思います。

    • Cosmo
    • 2020年 7月 29日

    経営者もうまくスリルをこなせないと、事業経由で人を狩るビジネスに流れてしまう恐れがあるでしょうか。薬品と称して毒を売るような。こういう人にはパチンコで代替する機会があれば過ちに至らなかったのかも知れません。最近の若者はスポーツで代替してより健全になってきたのかとは思いますが、反則プレーもあるのかとも。

    • Cosmo
    • 2020年 7月 29日

    「狼と赤頭巾」の童話文学恐るべし!、ですね。

    • Cosmo
    • 2020年 7月 30日

    狼と狩りを競う時代から、狼を滅ぼし、狩りは安全になり、安全に家畜を飼えるようになり、人口は増えました。命を脅かされることが無くなり、出産も減る安定化社会を経て、投資市場で生み出される流通、消費、開発ビジネス人口が増えました。
     これら先進国のビジネス、技術が途上国にいきなり導入されることで、人口爆発や社会不安定も生じています。ビジネスで儲けておいて、人が増えたから今度は殺そうとか、勝手極まりない世界金融資本のありようはどうにかなるものなのか。そんな食毒、薬毒を取り巻く世界情勢があります。生産活動で投資利益を取り終えた日本、アメリカの医療活動投資益確保を兼ねた人口削減計画かというところですが。

    • Cosmo
    • 2020年 7月 30日

    この人口増減で家畜的な人が選ばれ、人類が民主統治不能な集団になってしまうことを恐れます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。