元気塾Blog

生き続ける記憶

記憶

記憶のデータはどこにある?

記憶のデータはいったいどこに収納されているんだろう?
脳の中ですか?本当に?

♪春高楼の花の宴、めぐる杯かげさして
千代の松が枝わけいでし
むかしの光いまいずこ♪

という歌ご存じですよね? 荒城の月です。
実はこれ4番まであるんです。

私、オカリナを習いはじめて2年半、
昨年は何度か老人ホームとか施設とかへ慰問にも参加しました。オカリナ

その時の話です。
演奏を聴いてくれている施設の方の中に、
かなり認知症が進んでいて
全く無表情な女性が一人いました。

演奏の間中ずっと、
まったく何の反応も見せなかった彼女が
最後にソロで演奏された「荒城の月」に
初めて反応を示したのです。

少し首を縦に振って、
見ると口元が歌詞を口ずさんでいるのです。

歌う高齢者

置物かと思ってた人形が
急に動き出したくらいビックリしました。

私はその女性から目が離せなくなって
ずっと見てると、
とうとう最後まで歌詞を歌ってる・・・
4番まで暗記してるんだ、とびっくりでした。

そして、最後までいったとき、
彼女の眼からぼろっと、涙がこぼれるのを見たのです。

突然、なんだか胸が熱くなって、
私まで泣いていました。

その人が何を思ったのか
その人の心に何がよみがえったのか
その人が今、どんな感情を抱いているのか
何も私にはわからないけど、
想像だにできないけれど、
それでも、何かが伝わってきて、私は泣きました。

人って本当に不思議ですよね。

認知症が進むと、家族のことも分からなくなる、
話す言葉も通じなくなる、
もう人間ではない、
別の世界へ逝ってしまったみたいに思われる。

でも、こうやって涙を流す、
涙を流して何かを私に伝えることができる
そんな力がまだその人にはある。

生きているからです。
命がそこにまたあるからです。

あなたは何かに心動かされて、
最近、泣いたことがありますか?

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。