元気塾Blog

クスリはメガネと似ている

薬

ついにリーディンググラスを買いました

「クスリはメガネと似てるね」と友人。ん?

眼鏡

近視の人は老眼になるのが遅いとか言いますが、
私もつい昨年くらいまで全く、老眼など誰の話?
という感じでメガネとは無縁の人間でした。

文庫本でも新聞でも
全く困ることがなかったのに、
よる年波の恐ろしさ・・
ある日突然、口紅の底の型番が読めなくなった・・・

ついに来たか!と友人に話すと
今ごろ??私なんかもう40歳後半で見えんかった、と。

それで仕方なくリーディンググラスを買いました。
(老眼鏡とは意地でも言いたくない私・・)

良く見えます。

しかしだからって目が治ったわけじゃないよね?
メガネをはずせば元通りの見えない目。
ちっちゃな字が読めないのは不便だから
メガネをかける。
メガネのリスクは肩が凝るくらい・・・私の場合。

どんな理由で降圧剤を飲みますか?

クスリでも高血圧だと言われた方は、
何が不便で?もしくはどんな理由で降圧剤を飲むのでしょうか?

一生、薬とのお付き合いになります、と言われて
やれやれ、私もそういう年か、くらいの感覚で
安易に薬を飲み続けてはいないでしょうか?

今、65歳以上の人の5人に一人が認知症

と言われています。

認知症や白内障・緑内障の原因に
降圧剤の長期服用による副作用を訴えておられる方がいます。
(和田秀樹氏 国際医療福祉大学教授、『不老の方程式』より)

もし今あなたが40歳くらいで
高血圧だから薬を飲んだ方が良いと勧められ、
その時にもしも、
「ただし10年15年と飲み続けると、
痴ほう症の原因になるリスクがありますよ」

と言われたら、
そんなにあっさりと服用し始めるでしょうか?

痴ほう症になるかもしれないリスクと
今、高血圧でいることのリスクの質と量を
一度は天秤にかけて考えないでしょうか?

虫がいっぱい這いずり回るとか
知らない人がいっぱい自分のベッドに寝てたりとか
恐ろしい幻視に苦しめられたり、
襲われる、もしくは始終悪口を言われるなどの
被害妄想に心を痛めたり、
意味ない不安におびえる母を見ていて、

20年前にもしもそんな知識があったら、
もっともっと薬に対して
細心の注意で付き合ったのではなかったか、と悔みます。

あなたは今、常用する薬がありますか?
リスクを覚悟で使ってますか?

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。