元気塾Blog

自ら嬉々として操縦桿を握り、最期を決めた人

マリーケ

「安楽死」という問題

ALS患者に薬物投与、というショッキングなニュースが昨日流れていました。
嘱託殺人容疑で医師2人が逮捕。
日本では安楽死は認められていないので、自殺幇助ではなくて、
嘱託殺人、ということになるのですね。

安楽死、尊厳死の問題はこれまでにも盛んに論じられてきました。

しかし、日本は今の所、認めていません。

安楽死を認めている国

海外で認めている国は、

  • ベルギー
  • オランダ
  • スイス
  • アメリカ
  • ルクセンブルグ
  • カナダ
  • オーストラリア(ビクトリア州)
  • 韓国

と思ったよりも多いです。

さて、この中で、
自国の人以外の安楽死も認めているのは、スイスだけです。

ここには、医師が作った自殺幇助団体があり、
年間80人の外国人の自殺幇助が行われているそうです。
この団体の会員は世界中で1660人、その中で日本人も17人います。(2019年4月時点)

もちろん、
「医師の診断書」と「自殺幇助を希望する動機書」が必要で、

審査基準は、

  1. 耐え難い苦痛
  2. 回復の見込みがない
  3. 代替治療がない
  4. 本人の明確な意思がある

ということです。

実は日本人も1人、この自殺幇助を希望して安楽死を遂げていますね。
『安楽死を遂げた日本人』(小学館)昨年6月に発行されています。

マリーケ・フェルフートさんの場合

パラリンピックで金を含む4つのメダルを獲得した、
車椅子陸上選手のマリーケ・フェルフートさんが、
宣言どおり安楽死を遂げたのは昨年の10月22日、享年40歳。

マリーケさんの住む、ベルギーでは安楽死は合法化されています。

マリーケさんは、ここ数年、モルヒネなど強力な鎮痛剤を
片時も切らせることができないほどの激痛に苛まれながら、
それでも「夢」を書き連ねた「やりたいことリスト」を作り、着々と実行していったと言います。

夢があるから、脳内アドレナリンがあるから生きていられる

と語っていたそうです。

安楽死という方法があったから、生きる力が湧いてきた

その言葉どおり、
最後まで、夢を持つことを諦めなかったといいます。

”ランポールギーニ”に乗るという夢も、
活動で集めた資金で同じような障害を持つ人を支える仕組みも
次々と叶えていったそうです。

そして、
愛する人たちへ丁寧な別れを告げて、みんなが「その時」を受け入れられるよう
十分な時間をかけて、最後まで前向きに生き抜いた、と

彼女を取材した、ブリュッセル在住のジャーナリスト佐々木田鶴さんが書いています。

嬉々として自ら操縦桿を握り、夢を叶えながら、前向きに生き抜いた

このフレーズが胸に迫り、これも自分がハンドルを握る、
つまりセルフメディコじゃないか、と
とても、考えさせられました。

ベルギーでは、安楽死が合法化された2002年から
毎年、約2000人が安楽死で最後を迎えているそうです。

★もっと知りたい、気になる記事はコチラから。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。