元気塾Blog

「常識」が作られる刷り込み90年の歴史

心のブレーキ

「よかったね、早めのパブロン」

超有名な耳タコのコマーシャルですね。

初めて知りました、
これって90年もの歴史があるのですね。

1927年に咳止めクスリとして販売、
1955年に総合風邪クスリとして生まれ変わる、
1961年タレント起用してコマーシャル、
「ママが選んだ風邪クスリ」乙羽信子さん
1965年
「家中、みんなの風邪クスリ」扇千景さん
1967年
「早く溶けて早く効く」岡田可愛さん
1987年
「良かったね、早めのパブロン」三田桂子さんと後藤久美子さん
1996年
「効いたよね、早めのパブロン」竹下景子さん、

そして現在、
松島菜々子さんに至る、となっています。今のパブロン

私が物心が着いた頃からずっと
このCFを見させられていたわけです。

それは刷り込まれますよね・・・

早期発見、早期治療は本当に正しいのか

これは政府が言っているがん検診の勧めです。癒すこころ

でも、全ての病気にこれは本当に当てはまるのでしょうか?

風邪に特効薬はないこと、
もともと、ウイルスが原因の風邪に抗生剤は効かないこと。

私が知ったきっかけは、1冊の本でした。

1995年初版の、
『癒やす心・治る力』という
ハーバード大学卒業の医師
アンドルー・ワイル博士が書いた本です。

自然治癒力とは何かについて
とてもわかり易く書かれた画期的な書物でした。

現代医学にできること
□他のどの治療法よりすぐれた外傷の治療
□診断、及び多くの内科的・外科的緊急事態の処置
□抗生物質による細菌性感染の治療

中略

現代医学にできないこと
□ウイルス性感染の治療
□ほとんどの慢性・消耗性疾患の治療
□大部分の精神疾患の効果的治療
□大半のアレルギー疾患、自己免疫疾患の治療
□心身相関疾患の効果的対処
□がんの多くのタイプの治療      <P314からの引用>

これを見て、衝撃を受けました。
ハーバード大学出身の医師が書いているのです。

うーん、と唸ってしまいました。

風邪に抗生物質は効かない

その後、肺気腫だった父が
オキシメーターで70%を切って苦しみ救急で運ばれた時のことです。

いろんな検査をしても、原因が全くわからず、
それでも入院を勧められました。

入院してどのような治療をするのか聞いた時、
風邪かもしれないので、抗生剤の点滴をします、と医者。

え???
風邪には抗生剤は効かないですよね?
と言うと、あきらかにオタオタ、慌てたように
「あ、はい、あのぉ
それはそうですが・・・もしかして
細菌感染かもしれないので・・・・」

最近、調べてみたら、今でも風邪に対して
抗生物質の注射をする医師が、約半数いるのだそうです。

理由の大半が患者が求めるから、なのです。

早めの抗生物質の注射が風邪を治す!
この思い込み・・・・。

パブロンは抗生剤じゃありませんが
早めに、咳を止め、早めに、熱を下げ、
辛い症状を取ることを目的としています。

熱も咳も治癒反応

しかし、熱を出すこと、咳を出すことは
体内に入った異物を体外へ出そうという
体が起こす治癒反応だという考え方が、東洋医学にはあります。

体が治ろうとして起こしている反応であるから、
それをクスリで押さえてはいけない、という考え方です。

どちらが正しいかは一人ひとりが、自分で考えることです。

今回のコロナ騒ぎで細菌とウイルスの違い、
ウイルスに効くクスリはないことなど、
多くの人に少しずつ浸透してきたかもしれません。

でも、これは
コロナだけじゃなくて普通の風邪にも、
それから毎年流行るインフルエンザにも、共通して言えることなのです。

風邪を治すクスリはありません。

「常識」を見直すチャンス!

私たちがいつの間にか植え付けられた
本当かどうか、わからない「常識」
それを見直すチャンスなのかもしれませんね。

あなたの常識、それって本当でしょうか?

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。