元気塾Blog

認知症初の「根本治療薬」米FDAがようやく承認!!

FDAによって、アデュカヌマブ承認!

6時間ほど前のニュースです。
https://jp.reuters.com/article/biogen-alzheimers-fda-idJPKCN2DJ1ZH

条件付きとは言え、アメリカFDAで、
初めてのアルツハイマー治療薬が承認されました。

これまでの症状を緩和するといったクスリとは異なり、
根本原因に直接、影響を与える抗体医薬品です。

抗体医薬品とは

抗体医薬品とは、どんなものだと思いますか?

私たちは、体内に異物が入ってきたとき
たとえば、病原菌など、その異物と結合する
抗体というたんぱく質を作り出して、
異物を排除したり、無毒化したりして、
病気から自分を守っています。

いわゆる免疫機能ですね。
昨年のコロナ禍で、嫌と言うほど、聞きました。

この仕組みを利用して、
病気の原因物質に対する抗体を作り、体内に入れ、
病気の予防や治療を 行うクスリのことを「抗体医薬」と呼びます。

抗体医薬品は遺伝子組み換え技術を使う

抗体医薬は、遺伝子組み換え技術を使い、
ヒトの抗体に近い構造の抗体を作り、
ヒトの体内でも安全に機能するものです。

1998年に乳がんの抗体医薬「トラスツズマブ」が許可、
日本でも2008年、国産初の抗体医薬として
抗リウマチ薬、アクテムラが承認されました。

現在日米欧で70品目を超える抗体医薬品が承認されています。

がん治療や、自己免疫疾患を対象とするものが多かった中で、
今回、初めてアルツハイマー型認知症 の
抗体医薬品が承認されたわけです。

世界的に増加する認知症

今、認知症は世界で増加しています。
2019年現在、世界では4600万人。
日本では、600万人と言われていて、
先進国の中でも認知症患者割合がもっとも、高いと言われています。

さて、今回のアデュカヌマブは、
アルツハイマーの初期、もしくは前段階であるMCI(軽度認知障害)が
対象だとされています。

これに対して、
日本有数の脳神経内科医、長谷川嘉哉氏は
昨年、こんなことを述べています。

アデュカヌマブの原理は
アミロイドβを標的としている抗体医薬品であること、

アルツハイマーの原因がアミロイドβだというのは
仮説にすぎないこと、

いったん2019年に治験を中止していたのに、
再度、対象を調整し、高用量の投与し、
効果があったと申請し直したこと、

抗体医薬品はどうしても高額になる、

1回100万で18回投与すると1800万円にもなる。
その負担をするに見合う価値があるのか、

ターゲットである、MCI(軽度認知障害)は
全て がアルツハイマーになるわけではなく、
改善されていく人もいる、

数は400万人と言われているが
それだけの数を治療対象にすることには無理がある。

なるほど、と思う点が多々あります。

アルツハイマー病の根本治療薬、というよりは、
予防薬に近い感じがしますね。

実はエーザイは「BAN2401」という予防薬の治験を
すでにスタートさせています。(https://selfmedico2020.com/archives/3471)

認知症でない人が、
認知症にならないために、死ぬまで飲み続けるクスリって
一体・・・・・??

 

医療はどんどん、高額になっていき、ゲノム、遺伝子組み換え、抗体など、
まだまだ、未知数の分野で目覚ましい発達を遂げていきつつあります。

一般人にはなかなか理解しづらいことも多くなります、

でも、あらかたの理解はもっていきたいものです。

いつ何時、この新薬、アルツハイマー予防薬を使ってみますか?
と聞かれる日が来るとしたら・・・・

どう判断するのか、
事前にアンテナくらいは立てておきたいものですね。

アデュカヌマブのメーカー
エーザイはどのくらい株価を上げるのでしょう?

★もっと知りたい、気になる記事はこちら


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。