元気塾Blog

健康な人が死ぬまで飲み続けるクスリ?

クスリ

「予防薬」とは何か?

エーザイが開発した
「BAN2401」というアルツハイマー予防薬
来月から世界で治験がスタート。

日本、カナダ、オーストラリア、シンガポール、欧州と
世界の1400人に4年間の投与を行い、効果を検証します。
米国では、既に2020年9月からスタートしています。
(読売新聞、1月24日)

アルツハイマーは認知症の中でも
最もポピュラーな病気ですね、

脳内にアミロイドβと呼ばれるたんぱく質が
徐々に蓄積されて発症するという仮説があります。
もちろん、あくまで仮説です。

このアミロイドβは
症状の出る10~20年前から蓄積が見られます。

アルツハイマー、アミロイドβ原因説の真偽は?

今回の治験はアミロイドβの蓄積はあるが
まだ、発症していない55~80歳の男女に行い、
「BAN2401」が
脳内のアミロイドβを、取り除く作用を調べるというものです。

このニュースを見てから、なんとなく、
引っかかっているものがありました。

今、健康な人に
将来の認知症予防のため、薬を使うわけですよね・・・・

しかも、このアミロイドβ蓄積が
本当にアルツハイマーの原因なのかどうかに
疑問を持っている研究グループもあります。

発症した人を対象に、アミロイドβを減らす治療薬は
いろいろな製薬メーカーがチャレンジしては、
断念してきた歴史もあります。

それなのに、
また同じ方法論(アミロイドβを減らす薬)
で、本当に予防効果があるんだろうか、

という気持ちと、

「予防薬」そのものへの不信感がぬぐえません。

予防薬と言われるものは?

ワクチン以外で何等かの病気を予防するクスリが
そもそもあるのか調べてみました。

ありました、

■片頭痛の予防薬、

  • デパケン(てんかん薬)
  • インデラル(高血圧薬)
  • ミグシス(片頭痛予防)

これらが、片頭痛の予防薬として保険適応になっています。
(ファンペップホームページより)

ただし、何を予防するかと言えば、片頭痛の発作を抑制するのであって、
片頭痛という病気 にかかることを予防するクスリではない、とありました。

なるほど。

■血栓症とその予防薬
ワーファリンという薬が有名ですね。
血小板の凝集を抑えて血栓を出来にくくする、というもの。
ただ、ケガで出血すると血が止まらなくなるという
「副作用」があります。

■インフルエンザの予防投与

  • タミフル
  • リレンザ
  • イナビル

これについては、以前の記事を参考にしてください。

薬ではありませんが、そういえば2013年に
女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが
自分が将来、乳がんになる遺伝子を持っていることから
なる前に、予防的乳房切除の手術を行ったことは有名ですね。
乳がんになる確率が87%
子宮がんになる確率が5%と医師から言われ、決断したそうです。
現在、日本でもこの手術を行う病院がありますが、
保険適応外なので、自費ということになります。

と、これはともかく、本題に戻ると、

なんだかなぁ・・・・・と
モヤモヤしています。

 

あなたは、予防薬って、どう感じますか?

これさえ飲んでおけば将来、認知症にならないから、と
何年間もずっと、おそらく死ぬまで、
その「予防薬」を飲み続ける勇気はありますか?

病人ではなく健康な人を対象に
死ぬまで飲み続けてくれる予防薬って
作る側からすると、
とんでもないドル箱にはなりそうですが・・・・・

 

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. ビジョン
  2. サプリ
  3. 輸入肉
  4. アテナ
  5. コーヒーブレイク
  6. 決める
  7. 5期生

最近の記事

  1. 不安
  2. BSL-4
  3. 自転車
  4. 3S
  5. 放射能
  6. プライマリーケア
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。