元気塾Blog

心の中に流れている音楽と、自分の手から紡ぎ出される音は・・・

バイオリン

ある日のセッションから

最近、自己肯定感という言葉やら承認欲求という言葉が
心理学など、やっていない人でも
普通に、耳にすることが多くなりました。

先日もある方とサポーティングセッションをしていて、
のっけから、
「僕、自己肯定感が低い、とよく言われるんです」
と言われる方がいました。

普通に友人同士での会話の中に
そういう言葉が出る んですね。

(この先は、守秘義務があるのでかなり、脚色しています)

よく話を聞いてみると、
例えば、褒められても素直に喜べない、
自分の中には
え?こんなことくらいで?
という思いがいつもある。

出来ている部分ではなく、
足りない部分にばかり目が行く、

そんな自分をひねくれていて
嫌だ、
もっと素直に喜べばいいのに・・・・とも思う、

でも、聴いていると、
いわゆる自己肯定感の低い
おどおどして、
しかも人からの承認をひたすら
求めているようなタイプには見えないのですよね~

自分を客観視 することもできているし、
自分を分析する力もある、

語尾もはっきりしていて、
全体のトーンも決して暗くはない、

自分を、認めることができない、自分にOKが出せない、
と彼は言うのですが、
それで本当に困っているようにも見えないのです。

「自己肯定感」という言葉

不思議な思いで彼の話を聴き続けました。

そうしたら、
10歳代のころの話になり、
15歳から突然、ヴァイオリンを始めて、
なんと、音大へ入学したというのです。

そしてヴァイオリンを専門にやって卒業し、
その後、音大の修士課程まで進んでいます。

音楽に詳しいわけじゃないけれど、
音大へ 入学するためには、4~5歳の小さな頃から
楽器を始める、というのが常識みたいなものです。

15歳からスタートして、って
それ、スゴイじゃないですか、

というと、

いや、全然だめです、
思うように弾けないんです、と。

は?

「あの・・・・
心の中には流れている音楽があるのに、
自分の手から紡ぎだされる音は、全く違う・・・
いつもがっかりさせられます。」

それを聞いた時、
ああ、そうだったのか、と
何か腑に落ちる気がしました。

Iメッセージのフィードバック

心の中に
流れているんですね、音楽が、

「はい」

それって、誰でも流れているものなのでしょうか?
まだ弾く前から、
つまり現実に音となる前に

貴方の心の中には
もう音楽があるんですよね?

 

その後
長い沈黙がありました。

「もしかして、
誰でもが、そうじゃない、ってこと? 」

 

さぁ、わからないけれど、
心の中に先に音楽があるって
私は素晴らしい、と感じました。

だって、それさえあれば
そっちの方向へ進めばいい
そっちの方向へ鍛錬すればいいから、
それって、スゴイ能力じゃないかなと思ったのです。

と伝えると、

彼は何かに気づいたように
じっと黙って、考え込んでいました。

「そんなふうに考えたことはありませんでした。」

と言った時、なんと、彼は涙ぐんでいました。

そして、
「なんだか急に軽くなりました。」と晴れやかな声で言われました。

 

人はいろいろな言葉や定義に縛られます。
自己肯定感やら、
承認欲求やら、
言葉だけが独り歩きして
自分を不安にさせたりします。

しかし、言葉より奥にある何かを
しっかり聴く力が必要です。

そして、感じたことを
素直に、正直に、フィードバックする。
鏡になって、相手を映し出すということです。

この時、
Iメッセージと、Youメッセージという
二つの方法があります。

彼が言った、
「心の中には流れている音楽があるのに、」

という言葉を捕まえて、それを
今、こう言いましたよね?と確認したのが
Youメッセージです。

その後、
私はそれってスゴイ能力じゃないかと思ったのです、メッセージ
と言ったのが、Iメッセージです。

彼はなにかに気づき、涙しました。

人をサポートしようとする気持ちと
スキルがつながると、こんな奇跡も起きます。

サポーティングマインドが広がること、
それが世界平和につながる、と
私は本気で信じて活動しています。

 

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. ビジョン
  2. サプリ
  3. 輸入肉
  4. アテナ
  5. コーヒーブレイク
  6. 決める
  7. 5期生

最近の記事

  1. 不安
  2. BSL-4
  3. 自転車
  4. 3S
  5. 放射能
  6. プライマリーケア
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。