元気塾Blog

大切なのは情報と○○○○

元気塾国分寺

介護離職者ゼロ

総務省の調べで2017年、介護離職者が
9万9千人に上ることがわかりました。

前回の2012年時の10万1100人に比べ
やや、下がったものの国が掲げる2020年までに
「介護離職者ゼロ」への道は厳しいようです。

現在、346万人が介護をしながら
働いている、となっています。

ライフワークバランスをライフワークバランス企業側もしっかり
取り組む必要があるということでしょうか。

ただ育児と違って介護はいつまで、という
年数が読めないことが問題です。
1年間とか3年間とかわかっていたら頑張れるものも

10年、20年かそれ以上?いや、先が読めない・・・
となると自分の体も衰え
経済的にも不安が募り
仕事との両立も厳しくなっていくでしょう。

メンタルヘルスは不安をどう解消するか

肉体的、経済的ももちろんですが
たぶん一番には
メンタル面での閉塞感ではないでしょうか?

この先の不安、です。

そんな状況でまずは不安を解消できる
しっかりした情報が大切です。

実は認知症への不安を抱える
中高年はとても多いですし、

今後、介護保険制度がどうなってゆくか
という質問に対して、
83%もの人が不安に思っているのだそうです。

情報を得ようとする能動性

それなのに、国が行っている
「新オレンジプラン」
というプロジェクトについて
知っている人はわずか5%
内容まで知っている人になるとたった1%だと言います。

この「新オレンジプラン」とは
認知症対策として国が2015年に出したものです。

中には情報共有や憩いの場となる
認知症カフェなどの推進もあります。
身近なところにそういうものがあれば
活用してみるのも一つだと思います。

ネット社会のおかげで良くなったことの1番に
こういった情報を簡単に誰しもが検索できることでしょう。

介護の悩みを相談できる
「安心介護」という
情報サイトもあります。

無料で相談できることになっています。

もちろん、元気塾もその一つ。

人と話しをすることで
ココロに少し余裕ができると
問題解決に向かうエネルギーが出ます。

人が人に与える、すごいパワーです。

​​

ココロが先に、病んでしまわないよう
活きた情報と、つながりを
これまで以上に、大事にしてゆきたいものですね。

 

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。