元気塾Blog

密かなブーム?「肉」離れ、爆売れヴィーガンヌードル !!

牛

「肉」の是非論

突然ですが、あなたは肉食派?それともベジタリアン?

肉は悪い派の意見:

1.日本人は欧米人より腸が長いから、肉はおなかの中で腐敗する
2.その肉に含まれる動物性油脂は、私たち人間の体の中でも固形化され血液をどろどろにする

マクロビオティック の食養家
『長生きしたけりゃ肉は食べるな』
若杉友子、幻冬舎

3.市販されている肉が、どういう育てられ方をしているか、の問題。
成長剤、ホルモン、抗生剤、また飼料や、成育環境問題など。

それに対して、
肉は良い派の意見:

1.肉には全ての栄養がバランスよく含まれているとする説

必須アミノ酸のすべて、ビタミンB1、B2,、B12,、
そして、鉄や亜鉛、リンなどのミネラル
セロトニンというココロの伝達物質まで。

2.人類の長い歴史の中で狩猟時代、肉食時代が圧倒的に長い
つまり、農業が発明される以前は肉食であった、
人間の本来の姿が肉食である、という説

これは、今流行りの糖質制限派や
MEC食を推進されている渡辺信幸医師らが提唱。
MEC食とは、ミート、エッグ、チーズの頭文字からとったものです。

『日本人だからこそご飯を食べるな
~肉、卵、チーズが健康長寿を作る~』
さらに『野菜中心をやめなさい』 という本まで出ています。
(渡辺信幸著)

え~~~~~っ!!と思いますよね。

野菜=ヘルシーという概念が、
いやというほど刷り込まれている私たち。

確実に静かに増えているベジタリアン・ビーガン

しかし今、確実にベジタリアン、
それも卵や牛乳、チーズなども食べない
ビーガンという人たちが増えているそうです。

ベジタリアン・ヴィーガン人口

アメリカでは、
2000年にたった1%だったのに、
2017年には6%まで増加、
人口にすると2000万人と推定されています。

スイスで、最も多く全人口の14%だと言います。

ドイツでは、全人口の約10%、
イタリアも同じく、約10%

イギリスで は
2017年全人口の約3%で
それほど多いわけではありませんが、
2012年から比べると3.6倍に増加しているそうです。

オージービーフで有名な
オーストラリアも約11%と意外に多いです。

健康問題から、環境問題へ

世界共通で
若い世代と、都市部で増加しています。

増えた理由はやはり、健康のためが6割以上、
そして、
環境問題への関心の高まりです。
畜産による環境破壊がテーマのドキュメンタリー映画

”不都合な真実”(2006年)
”Cowspiracy”(2014年)

などを見たことがきっかけになり、
菜食の実践を始めたという人が 多くいるそうです。

残念ながら、
日本では菜食者の割合を調査していません。野菜

日本人の菜食にたいする意識

日本人が菜食に関心が薄いのは、

  1. 保守的思考の強い国民性、
  2. 欧米ほど健康への意識が強くないこと、
  3. 環境問題への意識の低さ、

だと言われています。

しかし、こんな会社もあります!

ヤマダイ株式会社、
ヴィーガンヌードルというもの。
動物性食材・化学調味料・アルコール不使用のカップ麺
ということです。
アマゾンで見てみたら、
現在、在庫切れとなっていました。
実は、ひそかにブームなのでしょうか?


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. ビジョン
  2. サプリ
  3. 輸入肉
  4. アテナ
  5. コーヒーブレイク
  6. 決める
  7. 5期生

最近の記事

  1. 不安
  2. BSL-4
  3. 自転車
  4. 3S
  5. 放射能
  6. プライマリーケア
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。