元気塾Blog

2歳の子供に2倍量のワクチン誤接種!

ワクチン注射

ワクチン誤接種、いつまで続く?

また、ワクチンの誤接種?
2倍量の日本脳炎ワクチンを
2才児に誤って接種、
という長崎のニュースです。
(ヨミドクター7月15日)

日本脳炎ワクチン勧奨を差し控えた時期

ちょっと待って、たしか、2005年に国は
日本脳炎ワクチンの積極的勧奨を
差し控えていたはずでは・・・

と記憶をたどって調べると

やはりそうでした。

2005年から2010年までの間
このワクチンによるADEM(急性散在性脳脊髄炎)
という健康被害が問題となり、
積極的勧奨を控えてきました。

新しいワクチンができたということで、
それが外れた翌年、

2011年の調査ですが、
この日本脳炎の摂取量の間違いは
3歳未満の子供で166件もあります。
(国立感染症研究所 感染症疫学センター調べ)

誤接種、こんなにあるの?

2013年には
すべての定期接種実施要項に、
予防接種時の事故の報告が追加されています。

そしてその結果は、

  • 2014年5685件
  • 2015年6168件
  • 2016年6602件

の誤接種があったと報告されています。

ちょっと信じられない数じゃ
ありませんか?

中には、6年8ヶ月も前に
使用期限が切れていたものを使用していたり、

ワクチンの種類を間違えていたり、
通常の使用量の5倍もの量を打っていたり、

などなど、

理由は
予防接種法の改正がここ数年続き、

複数のワクチンが
定期予防接種に加わったことが一因とされています。

定期予防接種とは国や自治体が乳幼児へ
接種を強く勧めているワクチンです。

期間を決めて例えば○歳までとか
その間に受けると費用が安かったり
中には無料となったりするものです。

定期接種は義務だと思っている人もいますが、
定期接種ワクチンも、
もちろんそうでないワクチンも、
義務ではありません。

ワクチン効果への疑問、
安全性、添加物への疑惑
自閉症との関連性など
疑われている昨今、

日本に今、
こんな大量の誤接種事件があるという事実を
まずは、しっかり受け止めていきたいものです。

ワクチン利権の問題

お隣の中国では一昨年
欠陥ワクチンの接種
という事件が起きましたね。

21万人の子供に、というから
規模が大きすぎです。

明確な補助金目当ての
捏造データがまかり通っていたこと、
会社ぐるみの大事件でした。

常に、医療とお金は
不即不離です。
ワクチンがどれだけ
大きな利権を持っているか、

そういう視点からも
情報を見ていきたいと思います。

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。