元気塾Blog

大声で毎日泣いても、赤ちゃんにポリープができない理由

赤ちゃん

「声」の力

話すのが苦手、という人は多いですね。
あなたは、どうですか?

人前で話をすると
もごもごと要領を得ない話になってしまう、
うまく伝わらない、
何を言いたかったのか、途中で頭が真っ白になる、
などなど。

いえいえ何もスピーチの話ではありません。

1対1で話をしているときも、
なかなか自分の気持ちを
話せない人がたくさんいます。

そういう人の声に注目してみると、

  • 声が小さい、
  • こもっている、
  • 低い、
  • 早口、
  • 滑舌が悪い、

という感じです。

ん? 聞き取りづらいな、という顔で聞かれると、
ますます、話にくくなる、という悪循環がおきます。

内容よりも「声」

私たちの脳の中には、大脳辺縁系という
本能を司る場所があります。

その声に対して、好き・嫌い、快・不快
というレッテルを
瞬時に貼ると言われています。

そして快いと判断すると、積極的に内容を聴こうとし、
不快だと判断すると、どうせつまらない話だろう、と認識するのです。

つまり、
先に認識される「声」が
次にくる内容の受け取り方まで決めてしまう、
と言っているのが、一般社団法人感動ヴォイス協会の村松由美子氏です。

メラビアンの法則も同じ

もちろんこれは昔から言われてきたことです。

皆さん、よくご存知の
メラビアンの法則というのがありますよね、

話し手が聞き手に与える印象は

  • 外見・表情が55%
  • 声の質、テンポ、大きさが38%
  • 言葉の内容が、たった7%

という法則です。

とはいっても彼女がいう「いい声」とは
歌手やナレーターが出すいい声とはちょっと違います。

きれいな声より嘘のない声

  • 嘘のない本当の声、
  • 無理のない楽な声、
  • 自然に響く声、
  • 話している人が気持ち良い声、

だと言います。

届く声、伝わる声、とう感じでしょうか。
このモデルがなんと、赤ちゃんの泣き声なのだそうです。

うーん、たしかに。

物怖じせず、思いっきり泣く、
お腹がすいた、
おむつが気持ちわるい、
どこか痛い、

言いたいことはストレートで、率直、素直、

今、泣いたらお母さんに迷惑かな、
など考えている赤ちゃんはいませんよね。

でも大人になるにつれて、
こんなこと言うと笑われるかな、とか
否定されるかな、とか、嫌われるかな、とか

いろんなものが邪魔をして、
あなたの声帯を歪めている、のかもしれませんね。

自分の本当の思いを
ストレートに発音できたら、確かに気持ちいいかも・・・

歌を歌いすぎて、または喋りすぎて喉にポリープができた、
という話を時々、聞きます。

でもあんなに毎日、大声で泣いている赤ちゃんに
声帯ポリープができたという話は聞いたことがありません。

やはり、
赤ちゃんの泣き声には嘘や無理がない、
ってことなのかなぁ、と
ぼんやり考えてしまいました。

ちょっと赤ちゃんの声を真似てみたいですね。

あなたの声、伝わっていますか?

 

✩もっと知りたい、気になる記事はこちら


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。