元気塾Blog

中国、コロナワクチンの治験を中止、何故かペルーで・・・

ワクチン

コロナワクチン治験を中止

ワクチンからギランバレー症状が出て、治験を中止。

中国大手製薬メーカー、シノファームのワクチン
ペルーで約1万2千人の治験最終段階を取りやめにしました。

ペルーと言えば、マチュピチュのある国、
日本からも観光客が多い場所ですね。

ん?
たしか昨年、ペルーではギランバレー症候群患者が集団発生して
緊急事態宣言を出したはず・・・

やはり、2019年6月でした。

ギランバレー症候群とは
女優の大原麗子さんで有名になった病気です。

自己免疫疾患と感染症の関係

自己免疫疾患の一つで、
通常、1年で10万人あたり1人という比較的まれな病気です。
手足の感覚障害、脱力、
重症になると、呼吸や眼球運動、嚥下にも障害が起きる病気です。

もちろんこれ自体は、感染症ではないので、
人にうつることはありませんが、
ギランバレーの発症のきっかけとなるのが、
ジカ熱やカンピロバクターなどによる
感染症だと言われています。

ペルーの集団発生もこのジカ熱感染症が疑われました。

子宮頸がんワクチンの副反応にもギランバレ ー症候群がありました。
やはり、今回のコロナワクチンからも
ギランバレー症状が出たわけですね。

少し前に、
フェイスブックで対談させていただいた上古眞理先生のお話
インフルエンザワクチンからギランバレーになった人を二人も診た、
という話をお聞きしました。

感染症、またはそのワクチンが、
免疫機能のバランスを狂わせているのか・・・

もしくは、免疫機能のバランスが偏っている人が、
感染症やワクチンをきっかけとして
自己免疫疾患を発症する、ということなのか、

まだまだ分からないことだらけです。

免疫バランスについては、
まだ研究が始まったばかり、なのです。

ワクチン情報は、特に注目して、
しっかりと情報選別していきたいものですね。

コロナの死亡はほとんどサイトカインストーム

また、コロナで死亡する人は
殆ど、サイトカインストームという、
自分の免疫が自分を攻撃する暴走状態になる、ということ。

感染症と自己免疫とは
どんなふうに関係しているのか、
とても興味があります。

 

ところであなたは、
インフルワクチンは打つ派ですか?
打たない派ですか?


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. ビジョン
  2. サプリ
  3. 輸入肉
  4. アテナ
  5. コーヒーブレイク
  6. 決める
  7. 5期生

最近の記事

  1. 放射能
  2. プライマリーケア
  3. IT革命
  4. 同性婚
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。