元気塾Blog

今年からわかる、自分の医療被曝線量!

医療

医療被曝には限度が決められてない!

医療被曝、
つまりX線とかCTなどで被爆するわけですが、
その線量に限度が決められてない、って
知ってましたか?

いや~びっくりしました。

環境省が2007年に出した線量限度は、
国際放射線保護委員会ICRPが勧告する数値に基づき、

〇職業人1年間50ミリシーベルト以内、かつ、
5年間で100ミリシーベルト以内、

〇一般人、1年間1ミリシーベルト以内。

となっていますが、この一文がありました。

(例外)医療被曝には適用しない

つまり医療行為をしての放射線被ばくに
限度を設けていない、ということです。

医療被曝制限、ようやく2018年医療法改正で・・

とはいえ、
これまで全く何の制限もなかったわけでもなく、
2018年には医療法改正で、
適切な被爆管理に対して、
線量管理加算3をつけました。

つまり線量管理をするとプラスになるよ、ということ。

医療被曝線量、管理記録が2020年4月に義務化

そして、
昨年3月の医療法改正に基づき、
今年2020年4月より、
被ばく線量の管理記録は、義務となりました。

  1. 診療用放射線のにかかる安全管理のための責任者の配置
  2. 診療用放射線の安全利用のための指針策定
  3. 診療用放射線の安全利用のための研修実施
  4. 対象機器など被爆線量の管理およ記録の義務化

被爆線量を管理したり、記録したりが、
今年、初めて義務付けられたわけです。
また、患者への説明も義務付けられています。

ということは、
これまで、説明すらしなくてよかった、ということですか・・・。

日本は医療被曝大国子供被爆

2004年1月「the Lancet」に
日本における、がんの3.2%は診断被爆が原因と
イギリスおよび14か国の大学が論文発表しています。

しかし、医療行為には
正当化(その診療によって得るメリットと比べる)
最適化(その範囲内でできる限り低い線量を選ぶ)
が重要だとされていて、

その範囲内での被爆は問題がない、という見方をしています。
100mシーベルトが目安にはなっているようですが・・・。

治療法を選ぶのは自分

法的に何のお咎めもなく
肉体を傷つけてよいとされている唯一の職業、医師。

しかし、受ける治療のデメリットとメリットは
患者本人が最終的に選ぶものです。

だからこそ、そのための「説明」は不可欠です。

情報がきちんと伝えられなかったら
判断ができないからです。

日本の健康リテラシーは世界最下位と言われていますが、
自分が受ける放射線量も知らされずに、
言われるまま、検査や治療を受けてきた日本人、

しかし、情報を遮断されていては、
考える材料がないのは当たり前です。

少なくとも、今年の4月まで
私たちは、自分が受ける放射線の線量すら知らなった、ということ。
この事実が、大切です。

確かに、レントゲン検査やCTを受ける前に
〇〇シーベルトです、など聞いたことはありませんでした。

検査も治療も、
そのメリットとデメリットくらいは、
きちんと聞ける自分でありたいものです。

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。