元気塾Blog

農薬では禁止なのに食品添加物でOK?

田舎

農薬と食品添加物

農薬と食品添加物、
まるで違うものだと思ってました。

  • イマザリル
  • OPP(オルトフェニルフェノール)
  • チアベンダゾール
  • アソキシストロビン
  • ピリメタニル

なんだか舌をかみそうなカタカナ語
これは何かご存じですか?

昔、農薬として使用されていたもの
または、使用禁止になったもの
なのに、今、食品添加物として使用が認められているものです。

どういうこと??

ポストハーベストという問題

ポストハーベストという言葉があります。

輸入食品について
運搬途中のカビや腐敗を防ぐため
収穫後に散布する農薬のことです。

日本では基本的にポストハーベストを認めていません。

それを何故か
食品添加物という扱いで認めているのです。

え???

ちょっと信じられない
詭弁じゃないですか?

このOPPというもの
農薬としても危険すぎると
1974年に禁止されていて
当然、OPPをポストハーベストとして使った
フルーツの輸入も禁止していました。

農薬として危険すぎるOPPを認可

それがなんと、
アメリカからの圧力もあり、
1977年、このOPPを
食品添加物として認可したのです。

農薬として使用禁止だったものが
収穫後の、つまり食品添加物としては認可された???

チアベンダゾール(TBZ)も
1972年、農薬登録されて2006年、使用禁止になっています。

それが今は、食品添加物扱いで
表示義務はあるものの輸入食品に認められています。

野菜ジュース、フルーツジュースは要注意

過去にチアベンダゾール(TBZ)が検出されたものがたくさんあります。

TBZジュース
とってもポピュラーな
あなたもきっと、一度は飲んだことがあるような
一見ヘルシーに見える、100%ジュースです。

生の果物なら、皮を厚く剥くとか表面を重層で洗うとか、
バナナも尻尾と頭から数センチは切り落とすなど
防かび剤や防腐剤を口にしない工夫もできますが、

ジュースとなるとそういうこともできません。

日本は世界第1の食品輸入国

日本は世界第一の食品輸入国です。
小麦、大豆、トウモロコシなど穀類に至っては
自給率が30%を切っています。
殆どが輸入に頼っている訳です。

すると
当然、このポストハーベストは今後も大きな問題となっていきます。

国の対応についてもしっかし見守りたいものです。

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。