元気塾Blog

あなたはナプキン派?タンポン派?

タンポン

いきなりですが、女性の貴方、
ナプキン派?それともタンポン派?

生理用品って何を選ぶ?

ごめんなさい、いきなり。

男性諸君は、関係ない?
と言わず、少しお付き合いください。
大切な彼女や奥さんのことでもあるので。

便利、簡単と、実は私もタンポン派だったのですが、
恐ろしいことを聞きました。

トキシックショック症候群(TSS)

何故、こんなことは新聞、テレビで大々的にやらないのだろう?
いや、やってたのか?

トキシックショック症候群(TSS)というのを
聞いたことがありますか?
黄色ブドウ球菌によって引き起こされる
非常に短期間で重篤な病態を引き起こす敗血症の一種です。

TSSは大変、稀な病気ではありますが、
しかし発症すると、重度の後遺障害を残したり、命に関わることもあります。

ローレン・ワッサーさん片足切断

2012年、ローレン・ワッサー
モデルだったローレン・ワッサーさんが
この病気で、片足を切断したことは有名です。

その後も、痛みが取れず、
昨年12月にもう片方の足も切断予定だ、
と記者会見されていました。
​​

で、その原因がなんとタンポン??
かもしれない、というのです!!
そしてメーカーの注意書きが小さすぎる、と訴訟を起こし、
若い女性に向けて啓蒙活動をしている、ということです。

一般社団法人日本衛生材料工業連合会によると
タンポンの使用とTSSは因果関係は
まだわかっていない、と言ってます。
しかし、
挿入時に手を洗うとか、出し忘れを注意したり、
1度に2個以上入れない、とかいろいろ、呼びかけています。
タンポンの誤使用による、と書いているページもあります。

つまり使い方の問題で
タンポン自体が悪いわけではない、と言わんばかりです。

生理用品の素材の問題

しかし、生理用品の素材自体を
問題視する意見があります。

昔、生理用品は脱脂綿でしたが
今は、ナイロン・レーヨンや、
さらに安価な化学繊維が多く用いられています。

「肌に優しい」
「デリケートゾーンでもかぶれない」
「天然コットン」など

しかし裏を見ると、
経血を素早く吸収し、逆戻りしないようにするための
高分子吸収剤(ポリマー)やパルプ、
側面や裏面から経血が漏れないようにする
フィルムや不織布などが使われています。

これ、殆ど化学繊維ですね。

さらに、もっと怖いことがあります。

天然コットンと言っても
その大半は輸入に頼っているわけです。

生理用品など綿製品の85%からグリホサート

実は2015年、アルゼンチン、ラプラタ大学の研究で

なんと、生理用品など綿製品の85%から
グリホサートという除草剤が検出されています。

ご存じ、WHOも発がん性があると認めた
世界中に物議をかもしている、除草剤ラウンドアップの成分です。

経皮毒の吸収、陰部は腕の42倍

けい皮毒の吸収を見ると、
腕が1とした時、陰部は42倍!!にも上がります。

整理用ナプキンやタンポンを毎月毎月、
40年近く使い続ける女性にとって
これはちょっと、考える必要のありそうな問題かもしれません。

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。