元気塾Blog

『箱』2001年初版本を見ながら

箱

君には問題がある、
奥さんもお子さんも
同僚もご近所の人もみんな知っている
問題は、ただ一人、
君だけが気づいていないということだ

これは20年前の、とある本の帯にかかれていた文章でした。

ある日のセッション

それは事実ですか? それとも推測ですか?
たぶん、事実だと思います・・・

これは、とある日のセッション。

うーん、
「たぶん〜〜だと思います」
というのを推測と言うのですが。

私たちは様々な状況の中で
自分にとって不具合なことがあると
その理由を説明するため、
いろいろな想像をします。

あの人は私を嫌っている
あの時言ったことを恨んでいるんだ
しかも他の人にまで
それを言って
私を除け者にしようとしている、

どこの社会でも
そんなふうにイジメは存在する
この前は
コメントしても
レスポンスひとつ無かった、

などなど。

私は愚痴聴き地蔵と
名乗っているくらいなので、

愚痴を聴くことは
仕事の一部だと思っています。

というか
私たちコーチやカウンセラーの前で
愚痴を言うのが一番、害が少ない、

子供の前で
配偶者の前で
いつも愚痴っていたら
たいへんです。

それなら
他人の、しかも
人の話を聴くことが仕事の人に
言ったほうが
ずっと良いと思います。

しかし、延々と続く妄想に
お付き合いしているのは
なかなかハードでした。

自分の箱から出るのは難しい

私たちは自分という視点から
脱出することが
とても難しい、

『箱』という本を
もう20年も前に読みました。

初版で出たのが2001年でした。
その本が手元にあります。

ジ・アービンガーイン・スティチュート著
富永星訳
当時あまり売れずに、
絶版になりましたが、

後に訳者が変わり
『自分の小さな箱から脱出する方法』と
タイトルも変わって、
それから売れた、という本です。

自分で作った妄想に苛まれ、
その仮設の上に
どんどん、妄想が膨らみ、
またその膨らんだ仮設から
なにか法則を作ろうとし、

どんどん歪んだ世界に身を置くこと

それを箱に入っている、
と言いますが、

問題は
箱に入っていることに
当人の自覚が全く無いことです。

聴きながら、
20年も昔に読んだ本のことを
ぼんやり、思い出していました。

仲間はずれにされて
嫌だなと感じたら、
本当は、

「仲間はずれにされたみたいで
ちょっと寂しかったな」

と言えばいいだけ、
なのかもしれません。

でもそれが言えないのですよね。

寂しい、とか
こわい、とか

自分の感情に向き合うことが
できないから
相手を攻撃するための
妄想を繰り広げるしかない

そう考えてみると
憶測を真実だと
信じたい人の気持ちも
なんとなく
共感できる気がしました。

そんなに
寂しかったんだよね、
心の中で言いながら、
黙って聴き続けていました。

☆もっと知りたい、気になる記事はこちらから


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。