元気塾Blog

自分の中にある「悪魔のタネ」を発芽させてはいけません

フットボール

DV相談件数、2020年過去最多

#8008(晴れれば)という全国共通短 縮ダイヤル
昨年10月から、
DV相談の受付窓口として開設されました。
その他、DV相談+(プラス)
0120-279-889
チャットやメールでも対応
2020年は、4月から11月までで、13万2355件
過去最多(あまり使いたくない言葉ですが・・・)のDV相談件数でした。
しかしそれでも、実際に暴力を受けた人の約4割は、
誰にも相談していないというデータがあります。

ということは、逆算すると、

実際に被害を受けて悩んでいるひとは、
33万人以上ということなのですね。
子供がいるから、
経済的な不安があるから、
自分も悪いところがあるから、
自分さえ我慢していればいいから、
などなど。

暴力は怒りを連鎖

暴力を振るう人、暴力を振るわれる人、
その当人だけじゃなく、
その家庭に子供がいれば、
その子供への影響も・・・
そして学校への影響も・・・
暴力は連鎖してゆきます。
被害者は、さらに弱いもの への
加害者となることが多々あります。

誰の心にもある、悪魔のタネ

普段、気づかなくても、
人間の心の中には”他者をイジメたい”という
どうしようもない悪魔的な欲求があります。
嫉妬や、恨みや憎しみ、ぞっとするような汚い部分が、
必ず、どんな人の心の中にも
タネとして存在すると私は思っています。
暴力というのは、そんなタネを
どんどん発芽させてゆく、
そんな行為なのだと思うのです。
それが広がり
多くの人の心の怒りのタネを発芽させ、
挙句の果てには戦争さえ、起こすことになる
そう思っています。
だからこそ 、そのタネを発芽させないよう、
私たちは、一人ひとりが心の力をつける必要があります。
その時、一番大事なのは
自分のことを、「大切な私」として
尊重できているかどうか、ではないでしょうか?
被害者と言われている人、
夫に暴力を振るわれている、
と、言う前に、
自分が自分に暴力を振るっていませんか?

「私さえ我慢してたら・・・」

という言葉。
それって、あなたが、あなた自身を軽んじ、
ないがしろにしている、
つまり、自分が自分に
目に見えない暴力を振るっているのと
同じことじゃないでしょうか?

競馬会でもパワハラ事件

昨日、日本中央競馬会で
デビュー3年めの大塚海渡騎手が
所属厩舎の木村哲也調教師をパワハラで訴えました。
度重なる暴言、暴行で精神的苦痛を負ったとして
850万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたということです。
昨年から次々と明るみに出るパワハラ問題。
恐怖やみじめさ、辛さ、
そんなものを乗り越えて訴訟に踏み切ることは、
自分を守り、大切にし、
自分を愛する第一歩なんじゃないか、
と、改めて思います。
あなたは、今
何よりも大切な自分を、
しっかりと守っていますか?
★もっと知りたい、気になる記事はコチラ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. ビジョン
  2. サプリ
  3. 輸入肉
  4. アテナ
  5. コーヒーブレイク
  6. 決める
  7. 5期生

最近の記事

  1. 不安
  2. BSL-4
  3. 自転車
  4. 3S
  5. 放射能
  6. プライマリーケア
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。