元気塾Blog

犬の糖尿病が、飼い主の発症リスクを38%あげる!?

犬の糖尿病が飼い主に影響を

突然ですが、
あなたはペットを飼っていますか?

猫派?犬派?

スウェーデンのウプサラ大学、カロリンスカ研究所、
スウェーデン農科大学などで、ちょっと面白い研究が発表されました。

20万8980人の犬の飼い主と、12万3566人の猫の飼い主を対象とした
大規模調査で明らかになったこと、

糖尿病のある犬の飼い主は糖尿病のない犬の飼い主に比べて
2型糖尿病を発症する可能性が38%も増加することがわかったというのです。
逆に飼い主が糖尿病だと飼い犬も糖尿病を発症するリスクは
28%上昇することもわかりました。

ところが飼い猫に関しては
こうした関連は見られませんでした。

面白いですよね。

人間と犬は1万5千年以上いっしょに暮してきて
良い生活習慣も悪い生活習慣も共有している度合いが強い、
身体活動パターン、食習慣、肥満リスクなどを
共にしている可能性がある、というわけ。

でもそれは、猫も同じだと思うのですが、
どういうわけか猫の糖尿病と人間とは関連性が見られない、
どうしてなのでしょうか?

一緒に暮らしてはいるけれど、
犬ほどには密着してないから?

寝る時間やごはんの時間など、
我が家にいる2匹の猫は自分のペースで生活をしています。

呼んだからと言っていつも来ることはないし、

散歩に連れていく習慣もなく、
運動したいときは、勝手に2匹で、猫の運動会を繰り広げているし、

つまり猫は飼い主の生活行動パターンに
必ずしも影響を受けない、ということかもしれません。

少し前ですが、2017年欧州糖尿病学会で
奥さんが肥満だと夫が糖尿病になるリスクが上昇する、
という報告がありました。

妻のBMIが5増加すると
夫の糖尿病発症リスクは21%上昇する、というのです。

逆に夫が肥満であることが
妻の糖尿病を誘発することはない、

これも面白いですね。

通常、奥さんが料理する、
その奥さんが肥満だと食生活などで家全体に影響がある、
でも、夫が肥満でもそれが家全体に影響を及ぼすわけではない、

ということなのでしょうか。

さて、今も糖尿病は世界的に増加し続けている
やっかいな生活習慣病です。

2019年時点で、4億6300万人、
成人の11人に一人が糖尿病ということになります。
今後も増加し 続け、
2030年までには5億7800万人になると、予想されています。

日本では、2016年時点で
1000万人、予備軍も同じく1000万人。
合わせて、21.4%が糖尿病もしくは予備軍となっています。

さて、
あなたの家のペット、または同居人の
体重オーバーはありませんか?

犬も人も、
糖尿病の引き金はやはり肥満だということです。

コロナ自粛で体重オーバーになっている方、
私も、ですが・・・(笑)
そろそろ、健康ダイエット始める必要があります。

興味ある方はご一報ください。

★もっと知りたい、気になる記事はコチラから


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。