元気塾Blog

16人に一人が体外受精児?

不妊治療

不妊治療の保険適用を

菅首相が不妊治療の保険適用を掲げ、厚労省が検討を進めています。

なぜ?と疑問に思って調べてみたら、体外受精で生まれる子供が
2018年、5万6979人となり、過去最高を記録したのだそうです。

この年生まれた子供の総数が91万8400人です。
ということは、16人に一人が体外受精児??
想像していたより多くて、びっくりしました。

体外受精は1983年に初めて行われ、
それ以来、体外受精で生まれた子供の数は
累計で65万人となっているそうです。

不妊治療費、1回数十万円

さて、この不妊治療、保険適用外なので、
1回につき数十万円という治療費がかかります。
そしてこの年、治療した人は45万4893人だといいます。

ということは、治療して、
実際に子供が生まれた確率は12.5%だったということ。
高額な自己負担を覚悟で不妊治療に臨んでも、
8割以上は叶わない、という状況があるということなのですね。

不妊治療にかかる経済的負担、精神的ストレスなどから
仕事をやめて治療に専念したいという人も多いと聞きます。

仕事やめる
これほど、妊娠しにくくなっている現実、
一体、根本原因はどこにあるのでしょうか?

不妊の根本原因は何?

今、8~10組に1組が
赤ちゃんができないと悩んでいるそうです。

ある産婦人科クリニックでは
その理由を次のように上げていました。

  1. 女性の晩婚化
  2. 子宮内膜症など不妊につながる病気の増加
  3. 性感染症の増加
  4. 男性の精子の数の減少
  5. 環境ホルモンなどの環境の悪化

これ、1と3以外は、
環境ホルモンがその原因かもしれないと、言われていることですよね。
子宮内膜症の増加も、精子の数の減少も・・・・

もちろん、
不妊治療が保険適用になることは、
当事者の負担を減らすわけで、
少子高齢化の日本としては、求められる政策なのかもしれませんが、

それよりも、
根本原因の解明にもっと調査費用を出してほしいと
私は、思ってしまいます。

あなたはどう思いますか?

★もっと知りたい、気になる記事はコチラから


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. ビジョン
  2. サプリ
  3. 輸入肉
  4. アテナ
  5. コーヒーブレイク
  6. 決める
  7. 5期生

最近の記事

  1. ワセクロ
  2. 様々な人
  3. 森田
  4. 薬品
  5. ワクチン
  6. 北欧
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。