元気塾Blog

マスク2歳以下は危険

マスク危険

今週は対談ラッシュ

本日、朝8時、Facebook対談ライブ

今回の対談は、、、
著者 講演家 実業家 SDGs社会起業家
経営コンサルタント AmazonランキングNo. 1
東京ウォーカー連載 東京Boys Collection2018出場
介護・福祉事業経営 連続日本一受賞

という華々しい経歴を持つ若干36歳の石塚洋輔
石塚 洋輔さんです。

テーマはこれからの健康、
これからの介護、医療について
=======================

人との出会いというのは不思議なものです。

3年ほど前、
同じマーケティング塾で出会い
その頃は直接話すこともなかったのに、

昨年その塾の同窓会で再会、
なんと偶然隣の席だったことから少し話ができました。

彼の経歴に驚いたのではなく、
私は、彼のその数分間の、
ほぼ初対面だった私の話の
「聴き方」に、マイッタのでした。

私は元気ライフサポートコーチを
養成することが仕事です。

コーチの仕事の99%は傾聴だと、いつも言っています。

つまり、
傾聴を教える側なのですが、

彼の「聴き方」は
これまで私が知っているどの人よりも
スゴイ「聴き方」だったのです。

その時の印象が強烈で
ずっと注目していた彼でしたが、
まさか、対談ライブをすることができるとは・・・

本当に出会いって、わからないものです。

ライブで彼の「聴き方」を
是非、感じて欲しいと思います。

2歳以下にマスクは危険、小児科医会が発表

さて昨日、日本小児科医会が
2歳以下の子供にマスクは不要、
むしろ危険、という警告を出しました。

米国の小児科学会も2歳未満のマスクは危険と警告。

中国でマスクをしたまま運動んした中学生が
3名死亡していることから、

学校の体育の授業でマスクは不要という見解を
スポーツ庁が出しています。

小児科リーフ

実際に皮膚科ではマスクによる健康被害の例を上げています。

1.接触生皮膚炎
2.脱水症状
3.過換気症候群

これから暑くなる夏、熱中症との関係は?

この2の脱水症状が気になりますね。

マスクをすると、顔の半分が見えないわけで

2歳未満でなくても幼児の場合
顔色などをしっかり把握することができにくく、

何かの異変を
見過ごすこともあるのでは、と思ってしまいます。

これまで
マスクをしなかった私が
このところ買い物の時など
マスクをしてみて感じたこと。

あ、これって覆面だぁ・・・!

化粧してなくても
相手から見られない、
という妙な安心感、

SNSで、
ひどい中傷したりするのは
自分がどこの誰かもわからない、
匿名性だから、
人はどんどん下劣で卑怯で野蛮になってゆく、

そんなことをふと思うと、
マスクにもそんな
自分を隠す、
晒さない安堵感があるのかも、

と思ってしまいました。

朝から晩まで
マスクをしていることが
普通になってしまうことは
やっぱりちょっと怖いなと、私は感じています。

エチケットマスクとして
必要な場面だけ付けて、後は、はずすのが普通、
となって欲しいものです。

情報の取り入れ方、
活用の仕方、

今からの時代
最強の生存戦略「健康リテラシー」勉強会!
(1次募集は締め切りました)

★もっと知りたい、気になる記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。