元気塾Blog

ツイてる母の新しい家族

ブナ商標

母の新しい住まい・グループホーム

家族会なるものに参加。
母がお世話になっているグループホームのです。

この1年の行事や出来事など
スライドを使って振り返りました。
いろんなことをやってくれているんだ、と改めて、感謝。
​​

同じ階の入居者の一人が去年、亡くなったのですが
その経緯についても大変詳しく、看護師さんから話があり、

ちょっと、なんでここまで詳しく?
と一瞬、怪訝な気がしました。
その方の病歴、病状の変化、治療の方針、

特に、ご家族の医療に対する方針
お医者さんをしている息子さんの考えで、
透析など、服薬以外の治療は一切、受けないことなど。

家族によって医療との付き合い方が違う。
それをホーム認が認めて、支えている様子が伺え、
なるほど、と感じました。

生きていた時の当人の様子も事細かに話されて
死にゆく人の、生きていた様子を
伝えてゆくことが私たちの仕事、とおっしゃっていました。

利用者さんは家族、
そしてその利用者さんのご家族も、
家族だと思っているとも言われました。

死を包み隠さず
きちんと「家族」で共有するため
お話されたのだ、とわかったのです。

亡くなったのは夜中の2時半くらいでした。ホームの食事
看護師さんもお医者さんも3時半にはホームに着いたそうで
本当に大変なお仕事だと改めて、頭の下がる思いでした。

参加者の中にはご家族をここで見てもらっているし
自分もこのホームができた時から
ずっと調理の方で働かせてもらってきた、という方がいて、

ああ、この方の作る料理が今、母を喜ばせている
毎日のお料理の元になってたんだと知り、
まさにたくさんの人のお陰で、
私と母は支えられていたんだと改めて実感しました。

ケアマネージャーさんが、
こんなふうに締めくくられました。

最後に、私たちはお金をもらって
仕事をしているのに
ありがとう、と言われる
こんな、嬉しい仕事はありません、
私たちの方こそ、
皆さんにありがとうです、

と、深々と頭を下げた様子が本当に印象的でした。

ここにも仕事に命を吹き込んで
生きがいをもって働いている人たちがいました。
たいへんな時代に突入してゆくけど決して悪いことばかりじゃない、
こんな環境だからこそ、気づけること、感じ取れるものが必ずある。

帰りに母を見舞い、母と食事良いところに入れて本当に良かったね、と言うと

「私はツイとるしなぁ~」と、母は少し笑いました。

なんだか胸が、暖かいもので満たされてゆくような
とっても不思議な感覚でした。

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。