元気塾Blog

テストステロンを上げる「言いたいことを言える場所」

大きな木

スポーツ女子の陥りやすい「FAT」

オリンピックが近づき、スポーツへの関心が高まると
私もなにか始めようか、と思う人も多いのではありませんか?

運動不足だし、もう少しスリムになりたいし、
健康のことを考えて、など。

ところがスポーツ女子が陥りやすい
「FAT」という症状をご存知ですか?
女性アスリートの3主徴と呼ばれています。

  1. 利用可能なエネルギー量の不足
  2. 無月経
  3. 骨粗鬆症

の3種類の症状を示すものです。
オーバートレーニングやスケート心理的ストレス、
食生活の乱れなどが要因だとされています。

フィギュアスケートの鈴木明子さんがまさにそうでしたね。
骨粗鬆症までは行かなかったそうですが
極度の摂食障害となり32kgまで落ちたといいます。

彼女は当時を振り返って、
オリンピックでの成績が常に頭にあり、
負けたくない、認められたいなどの心理的ストレスが強かったこと、
痩せなければきれいじゃない、という
脅迫観念が強かったことなどを原因にあげています。

骨粗鬆症は老人だけじゃなくても

骨粗鬆症って、なんとなく老人がなるもの
という認識でしたが、

無月経になっているということは、
エストロゲンという女性ホルモンが減少しているので、
閉経後の女性と同じ状態、

つまり、骨粗鬆症に成りやすい状態である、ということです。

なるほど・・・
体はもう老人並、ということですね。

私も35歳くらの時に一度うつ病になり、薬の副作用で、

3ヶ月の間、
一度も生理が来なかったという体験があります。

あのまま行っていたら怖いことになってのかも、
と、今思ってもゾッとします。

男性にも更年期が・・・

女性だけでなく最近は、男性の更年期というものもあって、
しかも、若年化しているそうです。

30代で体がだるく、やる気が出ない、
ちょっと動いただけで疲労感が激しいなどの理由で、

心療内科を受診していても改善しない、という方、

若年性の更年期障害を疑ってみては、とおっしゃるのは、
獨協医科大埼玉医療センターの井手久満医師。

うつ病と混同されることが多いけれど
テストステロン値を測定することで
更年期障害と判明することがあるとか。

テストステロンとは男性ホルモンですよね。

これも今までは加齢とともに減るもの、
という常識がありましたが、
必ずしもそうではなく、個人差がかなりあるそうです。

井手医師いわく、
テストステロン値低下の大きな要因として
「自己実現、自己表現機会の減少」とあります。

なるほど、仕事にせよ、趣味にせよ、評価されたり、
自分を表現できる場所があることそれがテストステロン値を上げる、
というわけですね。

女性の摂食障害も
男性の更年期障害も
かなりメンタルな部分が影響しているということです。

こころの状態が
ホルモンを上げたり下げたりしている、
それが、体まで影響をもたらす、

当たり前といえば当たり前ですね。

自己表現できる場所はネット社会のおかげで
たくさん増えました。
でも、表現したものを
きちんと、受け止めてくれる人がどれだけいるでしょうか?

自由に表現できて、それを受け止めてもらえる場所

元気塾はまさにそんな場所でありたいと活動してきました。

だれでも認められ、どんな少数意見でも発言でき、
否定されない場所、ジャッジされない場所、

そこで初めて人は元気を取り戻せる、
心の健康の第一歩だと思うからです。

あなたの近くの元気塾、

是非、顔を出し見てくださいね。

今月は旭川で新しい元気塾がスタートします。

https://www.facebook.com/events/658080018054797/

とってもピュアで
笑顔のステキな齊藤コーチが主催。

会場もクラフト館というとてもステキなところです。

北海道旭川近辺の方、
ぜひ、遊びにいってくださいね(*^^*)

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。