元気塾Blog

高度化・専門性を高める医療と私たち市民の間の深い溝

プライマリーケア

プライマリ・ケアへの対応強化

2019年の「骨太の方針」で 明記されています。

プライマリ・ケアとは、簡単に言えば、
身近にあってなんでも診てくれる総合的な医療、という意味。

治療の入り口みたいなものですね。

かかりつけのお医者さんで
何科のことでも一通り相談できる、

という、昔はそんなお医者さ んがいました。

しかし、今はどんどん専門家化していき、
自分の科以外のことはわかりません、
という医師が増えています。

あなたは、どこか痛みが出た時、なにか体調に異常を感じる時、
まず、どの病院に行くべ きか、悩みませんか?

内科? 呼吸器科? 胃腸科?それとも脳神経か?

受診する科にも悩むし、
どの医院にするか、病院にするか、でも悩みます。

医療にかかるときの不安

痛いとか苦しいとか肉体的な問題だけではなく、
不安という心の 問題も同時に起こっている、

一体、これは何だろう?がん?それとも・・・・・・

と、想像は悪い方へ悪いほうへと彷徨い始めたりもします。

プライマリ・ケア連合学会

そういう人たちへの対応がプライマリ・ケアです。
心身ともに、全体として見てくれる医療
と言うことになっているのですが、

残念ながら、
日本プライマリ・ケア連合学会が認定する
プライマリ・ケアの専門医は2020年からできた制度で、
全国にやっと、386名、です。

また、日本専門医機 構が認定する「専門医」に「総合診療」が加わり、
「総合医療専門医」の認定試験が
ようやく今年9月に、初めて行われます。

これは小児科や救急医療などを含めて
3~4年の幅広い研修が必要だとされています。

現状では数ある選択肢の中 から
総合診療専門医を選ぶ若手医師は少ないと言います。

毎年9千人いる研修生の中で
「総合診療」を専攻するのは約200人。

内科の3千人と比べて、
溜息が出るほど少ないのが現状です。

海外の事情

さて 、海外ではどうなっているのでしょうか?

イギリスではジェネラル・プラクティショナー(GP)と
呼ばれる医師が3万人ほどいます。
家庭医として、どんな症状にも相談に応じます。

その上で必要とあれば、
専門の病院を紹介してもらう、という構図になっています。

アメリ カでは、総合医療医はホスピタリストと呼ばれ、
ここ20年間で、数百人から5万人以上に増えています。

患者の満足度や再入院率を維持したまま、
入院期間や死亡率を減らす効果が認められているそうです。
(日経新聞4月25日付より)

専門性を高める医療

医療が専門性を高め、クスリも治療法も、難病や重病へ焦点を当て、
一般人との溝がどんどん深くなり、
それでなくても、健康リテラシーの低い一般市民は
不安に右往左往しているのが今のウィズコロナ時代なのかもしれません。

プライマリ・ケアが充実してくるのを
待っているだけではいつのことやら・・・です。

セルフメディコの役割

自分の主治医は自分、
自分の体、健康に自分がハンドルの握る、主体的に関わる、
そういう意識を持つ人が少しでも増えたら、と 願わずにいられません、

え~~でも、どうやって??と思ったあなた。

一度、覗いてみてください。
自分の健康に責任を持つ第一歩、

「超わがまま健康法」(入門編)で
そのヒントを見つけてほしいと思います。

自粛のGW,学びのGWにしませんか?

大好きなことをして元気になる「超わがまま健康法」(入門編)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
https://www.street-academy.com/myclass/104934?conversion_name=direct_message&tracking_code=69b01294f1a76211b8f014cd31d75211
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★もっと知りたい、気になる記事はコチラ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。