元気塾Blog

賢い選択

賢い選択

賢い選択 Choosing Wisely運動

私はガン検診、受けない派なので
実は、これまで一度も受けたことはありません。
まぁもっとも、私の場合は主義主張ではなく、
単なるズボラなだけとも言えますが・・・(笑)

最近、世界的運動に
「チュージング・ワイズリー(Choosing Wisely)」
というものがあるの、ご存じでしたか?

直訳すると、「賢い選択」ですね。
この運動は、アメリカでスタートしました。

治療の30%は不要、
患者のカラダに負荷が大きいような
過剰医療は改めるべき、という考えが2010年くらいからあって、

「米国内科認定機構財団」と消費者団体が中心になり
キャンペーンを始め、今ではそれに70を超す学会が賛同、

また、世界各国に広がり、
日本でも2016年10月から
チュージング・ワイズリー・ジャパンが発足しているそうです!

過剰治療は500リスト

不要な過剰検査、過剰治療の500近いリストの中には、

  • 頭痛で脳波検査をしない
  • 明らかなウイルス性呼吸器疾患に抗菌薬は使わない
  • 20歳以下の女性に子宮けいがん検診をしない
  • 75歳以上の子レステロール低下薬は使わない
  • 高齢者の不眠や不安に対する睡眠薬は使わない
  • PSA前立腺がん検診はおこなわない

ほう~~~と驚くような項目があります。

米国総合内科学会は
「健康な人に、毎年の身体検査は不要、益よりも害をなすことの方が多い」
とまで、言っているのです。

レントゲン、CTなどエックス線を毎年浴びることになる、
グレーゾーンの病気まで発見してしまう、
それが過剰治療につながる、ということです。

信頼性の高い14の臨床試験(対象者18万3千人)によると、
定期的検診を受けても総死亡数は低下せず、
心疾患、がんの死亡率も減少しなかった、とあります。

もちろん、体調が悪いという
自覚症状がある場合は検診が必要ですが、

何もない健康な人が
検診を受けるメリットがどこにもない、というわけです。

何故学校や職場で「義務」?

ところが日本では、
学校や職場での検診が「義務」付けられています。
選択の自由はありません。

チュージング・ワイズリー・ジャパン様にせめて、
「賢い選択」の自由を
国民の一人一人の手に取り戻せるよう
活動してほしいものです。

血液検査も、がん検診もそして予防接種も、
受けるか受けないかは
自分で決める自由があるべきです。

あなたは、どう思いますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。